AKASHIC TREE FacebookAKASHIC TREE Instagram

よく読まれている記事

1位 おしゃれで人気のレディースキーリング
2位 ファッションにおけるハンドメイドのメンズネックレスの魅力
3位 メンズネックレスの選び方について
4位 天然石ブレスレットの魅力と初心者でも似合う付け方
5位 通販で購入する天然石と刺繍糸のブレスレット

カップルでペアのブランドブレスレットを身につける

AKASHIC TREE CONCEPT & PHILOSOPHY

メンズ・レディースのブレスレット通販HOME > COLUMN > カップルでペアのブランドブレスレットを身につける

カップルでペアのブランドブレスレットを身につける

カップルでお揃いのブレスレットを身につける



付き合って間もないカップルや新婚の時期などには、お揃いのものを身につけたいと思うことはありませんか。特に近年では仲の良い友人と双子コーデといって似たようなテイストであったり全く同じ洋服を身につけて出かけることもありますし、リンクコーディネートといってテーマを揃えてカップルや家族でお揃いの洋服を着たりすることが流行しています。そのため、お揃いのものを身につけたいという願望を持っている人も少なくないのです。

こういったお揃いのものを身につけたいと思っていても、あまりにもあからさまなものを身につけるということには気がひけるという人もいます。例えば付き合いだしたからといってすぐにペアリングを身につけることは重たいと感じる人も多いですし、結婚するまで指輪のお揃いは取っておきたいと考える人もいます。だからと言ってペアルックのような服や靴といったものをお揃いにするのは、趣味が合わなかったり恥ずかしかったりするので、思うように決められないという場合もあります。そこで、最近ではブレスレットや腕時計をお揃いにする人が増えています。

お揃いのものを身につけるというのはとても良いことであり、二人の絆を深めるチャンスとなるものでもあります。カップルというのは付き合っている中で仲が悪くなったりするときもありますし、ときにはマンネリの時期を迎えることもあります。そういったときにお揃いのものを購入することで、気分を一新することができます。また、お揃いのものを持っていると二人の歴史を思い出すきっかけとなり、ネガティブな状態を脱却しやすくなる可能性もあるのです。お揃いのものを身につけるというのは、常に相手がそばにいる感覚を持つことにも有効です。そのため、なかなか会えない場合や忙しいときにも二人の仲を良好にするきっかけに役立つケースもあるのです。



ブレスレットでオリジナリティを求める人が増えている



最近はカップルの中で他のカップルとは違うオリジナリティを求める人たちが増えています。例えば結婚式の演出であっても、一般的なブーケトスをするのではなく他の演出にしたり、式のテーマを決めて自分たちらしさを演出したりする人が増えています。このようなオリジナリティを出すことによって自分たちだけの特別感を演出することができますし、より一層アイテムへの愛着が湧くことがあるのです。

こういった観点から婚約指輪や結婚指輪についても、従来のようなハイブランドを購入することが良いという感覚を持たない人も増えています。自分たちでデザインをしてオリジナルのものを作成したり、セミオーダーをしたり、人が知らないようなブランドを見つけてきて身につけたりというような、オリジナリティを重視する人たちが増えているのです。

こういった風潮から、お揃いのものを購入しようとしたときに、人とは違うアイテムを購入しようという人も増えているのです。その中の一つとして、お揃いのブレスレットを購入するという人が増えつつあります。ブレスレットはデザインによって目立つものもありますが、華奢であまり目立たないタイプのものもあります。そのため、男性が仕事中に身につけていても目立たなかったり見えなかったりするために気にしなくて良いものもあります。逆に二人で出かけるときに身につけるために、あえて骨太なデザインのものにしたり、革製品のものにしたりという選び方もできます。カップルによってこういったさまざまな選び方をすることができるので、他の人と同じものを身につけるという確率も低く、オリジナリティが出しやすいアイテムなのです。



ペアブレスレットの探し方



カップルでペアのブレスレットを探すという場合、様々なタイプの中からどういったものを選んでいくかを話し合うことから始まります。例えば、二人が好きなブランドがあればそこの製品の中から選ぶというのも一つですし、素材やデザインで絞り込むということも一つです。

二人にとっての思い出のブランドや、気に入っているブランドがある場合には、カタログやホームページを見て気に入ったものを選ぶこともできますし、すぐに実際の店舗に出向いて商品を選ぶこともできます。ブランドというカテゴリーが決まっているために決めやすいという特徴がありますし、記念に増やしていく楽しみもあります。

逆にデザインや素材、そのときに二人がフィーリングとして感じていることで選ぶのは手間がかかりますが、思い出に残りやすいです。二人の趣味が似ていれば簡単に好きなものが決まるということもありますが、好みが違う場合にはもめてしまうこともあるでしょう。しかし、その時の話し合いの様子も思い出に残りますし、どちらのどういったこだわりで選んだということもずっと二人の中で残るエピソードとなります。

例えば、ブランドでも自分たちで素材を選ぶことができる、天然石やアンティークビーズといったものを組み込んだブレスレットは思い出に残りやすいですし、他の人とかぶらない完全オリジナルなものにすることができます。二人で石を選ぶことや並べ方、レザーの種類を決めることもとても思い出に残りますし、その時の二人の趣味を反映しやすいので記念になります。また、それぞれが同じブランドで作成はするけれども、相手を思ってデザインをして、あえて完全にペアなものにしないというのもおすすめです。