AKASHIC TREE FacebookAKASHIC TREE Instagram

アクセサリーの意味とパワーストーンブレスレット

AKASHIC TREE CONCEPT & PHILOSOPHY

メンズ・レディースのブレスレット通販HOME > COLUMN > アクセサリーの意味とパワーストーンブレスレット

アクセサリーの意味とパワーストーンブレスレット

アクセサリーに込められた意味



アクセサリーには指輪・ネックレス・ブレスレット等いろいろなものがあります。お祝いや大切な人へのプレゼントとしてアクセサリーを贈った経験のある人も少なくないのではないでしょうか。送られるアクセサリーにはそれぞれ、込められた意味があります。まず指輪です。指輪は特に大切な、恋人等パートナーへ送るイメージがありますが、「結婚」を連想するものであり切れ目がないものであることから「永遠」との意味が込められています。そのため婚約指輪や結婚指輪等、将来を誓うものとして利用されることが多いのです。次にネックレス、これは独占欲の象徴とも言われています。もともと輪になっているアクセサリーは、相手を束縛したり独占したいという欲が強い贈り物とされていますが、首輪を思わせるものなため「ずっとあなたと共に居たい」という繋ぎとめるといった意味合いが込められています。そしてブレスレットはネックレスと同じく輪になっており、手首につける手錠を暗示しているため「離さない」「傍に置いておきたい」といった束縛の意味も込められておりますが、違う点もあります。

アクセサリーは古来、支配者が己の階級や身分の高さを他社に示すことを目的で身に着けられていました。紀元前のエジプトでは身分を示す他に宗教的な目的や精神を安定させるもの、邪悪なものから身を守る魔よけとしても利用されていたと考えられています。そのため、華やかで美しい見た目のアクセサリーだけでなく、パワーストーン等の特別な力を持った宝石や石を使ったものがあるのです。特にブレスレットはパワーストーンを使っているものが多く、金運を上げると言われているタイガーアイを使ったものをお店やネット通販で見たことがあるという人も少なくない、メジャーな石です。多種多様な種類があり、自分なりの組み合わせをすることができるため、個性も出しやすいものとして人気があります。



パワーストーンを使ったブレスレット



パワーストーンにはいろいろな種類がありますが、その石によって意味や効果、値段もさまざまです。選ぶ方法も色々ありますが、最初に思い浮かぶのは自分の誕生石を選ぶ方法ではないでしょうか。1月はガーネット、2月はアメジスト、3月はアクアマリンと月によって定められた宝石があります。これはポーランドの宝石商によって考案されたと言われており、日本の誕生石は1958年にアメリカを基準として決められました。

そして誕生石だけでなく干支にも守護石があります。そういった自分に関連がある石をもとにブレスレットを選ぶとスムーズに購入することができます。

そして石が持っている意味をもとに選びたいといった人は、お店の人にどんな意味のものを求めているのかを聞いてみたり、インターネットで調べてみると良いでしょう。色々なサイトで石の意味は紹介されており、通販サイトであれば専用のページで意味を記しているところもあります。

花言葉と同じく宝石言葉として紹介しているものから、詳しい意味合いやどういった人に向いているのか記載しているところもあります。女性であれば恋愛成就のお守りとして、男性であれば仕事運を向上させたり直観力を身に着けるのものとして、人によって求めることは変わりますが、パワーストーンは様々な人のニーズに対応しているブレスレットなのです。



購入先は通販?それとも店舗?



いざ購入するとなると通販で購入するのか、それとも店舗に赴き購入するのか悩むものです。通販と店舗、どちらにもメリットとデメリットがります。店舗へ赴く際は直に石や完成した商品を見ることができるため、イメージと違った等見た目に対するリスクが少ないと言えます。さらには店員に相談することもできるため、知識の豊富な人が店舗にいれば選ぶ際にも力になってくれるでしょう。しかし、メジャーな石の既製品であれば色々な場所で売られていますが、少しコアな石の商品となると専門店へ行くこととなり、近場にないため費用や時間が掛かってしまう場合があります。他にもお店に赴くことで高い石のものを買わされるのではないかと不安に思う人もいます。そんな人は通販を利用することで不安を解消できます。

通販であれば自分の選んだものを選び購入することができ、また、事前にどれくらいの料金になるのか知ることができるため、金銭面的に事前に準備することができます。そして通販ならではと言えますが、取り扱っている石の種類も多く売り切れの確認もできるため現地に行ったもののなかった、と言ったリスクが少ないのです。しかし、現物を見るわけではなく写真で判断するため、光の加減で少し変わった色合いに見えてしまう場合もあります。とは言っても最近では一枚ではなく、複数のアングルから撮られた写真を掲載しているところも多いため、見比べることによって理想のブレスレットを選ぶことも可能になっています。